ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
みんながやさしい、みんなにやさしい ユニバーサル都市・福岡 気づきネット
ここから本文です

気づきレポート- 遠光洋子のアイ・キャッチ画像

第20回福岡市障がい者スポーツ大会が10月4日(日)に東平尾公園博多の森陸上競技場・補助競技場で開催され、選手・家族・ボランティア等約3,000名の参加で盛大に開催されました。

今回紹介したいのは、選手の遠光洋子さんです。洋子さんは昭和47年1月27日の生まれで、脳性麻痺による上下肢機能障害で車椅子を利用しています。現在清水ワークプラザで働いて、趣味はパズルです。洋子さんが特にスポーツは得意ではなかったのですが、なんと今回のスポーツ大会の女子50メートルとビーンバック投げのダブル金メダルを受賞しました!! 

下記は洋子さんのお言葉です。

「みなさん、こんにちは。私は、10月4日に、博多の森陸上競技場で開催した、福岡市(障害者)スポーツ大会に参加しました。私は、車椅子の50メイトルそうと、ビーンバック投げに、でました。まさか、金メダルを、貰えるとは、思って居ませんでしたよ。私も、母親もびっくりしました。その後10月19日の、西日本新聞に、載って居ました。来年は、東京に行きます。その後は、シドニーに、行く予定です。とっも、嬉しい勝ったです。親戚も、金メダル2コ見せました。びっくりしていました。又必上して、頑張ります。^^」

yoko1

yoko3

yoko2

この投稿は한국어, English, 中文で表示できます。

ko_KRuszh_CN