ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内のメインコンテンツへのメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
みんながやさしい、みんなにやさしい ユニバーサル都市・福岡 気づきネット
ここから本文です

Disably land 〜不便をデザインする展覧会〜のアイ・キャッチ画像

「不便」について、考えたことはありますか?私たちは日常生活でごく自然に「便利」を求め、「不便」はネガティブなことと捉えています。

「不便」といえば、例えば「ジャムの瓶が開かない」「Wi-Fiが繋がらない」といったほんの些細なイライラもあれば、「障がいがあり、一人で外出することが難しい」といった個別な事情もあります。

とはいえ、人の感じる不便さというのは無くなるものではありません。この不便さとうまく付き合うために、多様な「不便」を見つめ直し、オープンに語り合える展覧会を企画しました。「不便」について考える・体験する・驚く・気づく・共感する・語る…そんなイベントを実施しました。

テーマは「食事にまつわる不便」。3つの活動を展開しました。

まずは、10 月4日、「あなたの不便、教えてください」をテーマに、ユニバーサル都市・福岡フェスティバル2014 のオープニングイベントに出展し、一般の方々から不便に関する体験コメントを集めました。「トークイベント デザインされた不便」は、10 月31 日~ 11月2日に開催した「不便をデザインする展覧会」のキックオフとして開催。展覧会は、「不便の見方を変えるデザイン」「日常に潜む不便」「多様な不便」という3つの切り口で、それぞれに合うものを集め、カフェで展示を行いました。この展示会でも展示した「みんなの不便コメント集」は、のイベントで集めたコメントをもとに制作しました。

 

fuben2
トークイベント(写真:伊藤慎一郎)

fuben1
不便をデザインする展覧会@Kichi–Kichi

 

この投稿は한국어, English, 中文で表示できます。

ko_KRuszh_CN